シースリー 札幌

VIOとハイジニーナ

シースリー,C3,札幌,口コミ,体験

 

VIO・ハイジニーナってなに??

最近、VIOやハイジニーナという言葉をよく聞きませんか?
VIOやハイジニーナとはなんなのでしょうか?

 

VIOとは…

VIOとは、アンダーヘアの形をアルファベットに当てはめた言葉です。
Vはビキニライン、Iは股の間の部分、Oは肛門周りのヒップ奥のことを指します。
この辺りの毛が生えている形がV、I、Oのアルファベットに似ているということからできた言葉で、特にアルファベット自体に意味があるわけではないんですね!

 

ハイジニーナとは…

ハイジニーナとは、アンダーヘアを全て処理して、全くの無毛状態にすることです。
ハイジーン(hygiene:衛生)を語源に作られた造語で、海外セレブや女優など、世の女性が憧れているファッションリーダーたちがハイジニーナに挑戦したことで、雑誌やメディアで話題になり、一般的に知られるようになりました。

 

 

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛って違うの?

どちらもアンダーヘアのお手入れ方法ですが、VIO脱毛とハイジニーナ脱毛は大きく異なるため、サロンに行くときは違いをしっかり確認してからにしましょう。

 

VIO脱毛とは

アンダーヘアを一部残し、毛量を減らしたり形を整えたりします
逆三角形、卵形などお好みのスタイルを選び、不要な部分を処理するスタイルが一般的です。
まず全体の毛量を減らした後に形を整えていくことも多く、お好みに合わせた調整をお願いできます。
脱毛するときは「Iライン、Oラインは全てなくして、Vラインを一部残したい」など、希望をはっきりサロンに伝えましょう。
自己処理では難しいきれいな形に整えることができるため人気の脱毛方法です。

 

ハイジニーナ脱毛とは

Vゾーン含めて全てのアンダーヘアをなくします
アンダーヘアを全て処理していくことで、通気性が良くなります。
ファッション目的というよりも、衛生面やデリケートゾーンの悩み解決をメインの目的にしてチャレンジする女性が多いようです。
なお、一般的な解釈はご紹介した通りですが、VIO脱毛で「全て処理してください」とお願いすることもできます。
また、ハイジニーナ脱毛でVゾーンの一部だけ残すスタイルも可能です。
受けられるサービスはほぼ同等と考えましょう。
サロンと行き違いがないように、どの部分をどの程度脱毛したいのかを、しっかりと伝えておくと安心です。

 

 

VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛のメリット

VIO脱毛やハイジニーナ脱毛をすることで、女性にとって嬉しいメリットがたくさんあります

 

デリケートゾーンを衛生的に保つ

「ハイジニーナ脱毛」を行う最大のメリットは、なんといってもデリケートゾーンの衛生面にあります。
ムレの原因となるムダ毛をなくすことで、下着の中の通気性がアップし、デリケートゾーンを雑菌の繁殖から守ることができます。
また、生理の際のにおいやかゆみといった不快感も、ムダ毛による蒸れが原因といわれており、ハイジニーナ脱毛をすることで生理中の不快感を緩和することができます。

 

いろいろなファッションを楽しめる

シースリー,C3,札幌,口コミ,体験

アンダーヘアを整えることで、下着や水着の選択肢が広がり、ファッションを自由に楽しむことができます。
Tバックやタンガなど、デザイン性の高い下着を気軽に身につけたり、水着を着るときにもムダ毛のはみ出しを気にせず、好きなものを選ぶことができます。

 

自己処理による肌トラブルの解消

アンダーヘアの自己処理が不要になるというのも大きなメリットです。
デリケートゾーンは皮膚が薄く敏感なので、カミソリや脱毛クリームなどで自己処理を行う場合、黒ずみや埋没毛、肌荒れといったトラブルが発生することもあります。
さらに、目の届かない死角も多く、無理な自己処理で肌を傷つけてしまいがちです。
その点、プロによるハイジニーナ脱毛なら、安全に理想のデリケートゾーンを手に入れることができます。

 

デメリットになる場合

ハイジニーナ脱毛の場合は、アンダーヘアを全て処理して、全くの無毛状態にすることから1度脱毛するとなかなか生えてこないというデメリットになることがあります
「え、メリットじゃん!」と思う方ならいいのですが、何年かたって「やっぱり多少は残しておきたかった」となっても、取り返しがつきません。
ハイジニーナにした結果、かえって人目が気になって家族や友達と温泉やサウナに行けなくなっては残念です。
ハイジニーナに挑戦する場合は、後悔しないように事前によく考えてください(;´∀`)

 

 

 

 

VIO脱毛ならシースリー(∩´∀`)∩

 

>>シースリーの予約はこちらからできますよ♪