シースリー 札幌

海外セレブの脱毛事情

シースリー,C3,札幌,口コミ,体験

ハリウッド女優や国境を越えて超人気の歌姫など、世界中の憧れである海外セレブたち。
彼女たちはプライベートまで注目の的です。
そんなセレブたちのファッションやライフスタイルはもちろん気になるけれど、ムダ毛の処理はどうしているのか知りたくあませんか?
ここでは海外セレブたちのムダ毛のお手入れについてご紹介します。

 

日本と海外の脱毛の違い

日本ではムダ毛のないツルツルな肌が美肌とされ、暑い時期になると特にわき毛に気を使う人が増えてきます。
腕や足はもちろん、指や顔のムダ毛にも気が抜けませんね。
最近では男性でも、すね毛が濃すぎる人は脱毛を意識する人が増えているのだとか。

 

一方で海外では、国によって脱毛の意識が違います。
例えばアメリカでは「VIO脱毛」が非常に重要視されています。
これは両方の太ももの付け根のVライン、陰部のまわりのIライン、ヒップまわりのOラインという、3つのデリケートゾーンのムダ毛のお手入れのことです。

 

その他の部分のムダ毛はあまり気にしない上、わき毛は放置という人も少なくないのがアメリカの脱毛事情。
フランスでは、脱毛するかしないかは非常に個人差があります。
個人の意思を尊重するお国柄なのか、日本のように「一人だけ処理していないと恥ずかしい」という感覚はないようです。

 

日本人と違い色素の薄い白人の人たちは毛の色も薄く、生えっぱなしでもあまり気にならないのかもしれません。
むしろ、ナチュラルで豊かな毛が美しいと思われることもあるそうです。
日本人は硬くて黒い毛をしているのでどうしても肌の上で目立つため、人目に触れるのを気にする人が多い傾向にあります。

 

 

 

≫シースリーの無料カウンセリングはコチラから予約できますよ♪

 



海外セレブたちの脱毛事情

レディーガガ

シースリー,C3,札幌,口コミ,体験

奇抜なファッションでインパクトのあるレディー・ガガは、わき毛やアンダーヘアまでカラフルに染めてコンサートで披露したことがあります。
日本人だったら絶対に隠したいムダ毛すら、ガガはあえてファッション化してしまうという斬新さです。
独特のセンスと、一般人なら隠してしまうような物もオープンにしてしまう大胆さこそ、世界中のファンを惹きつける秘密かもしれません。

 

マドンナ・ルイーズ

奇抜なステージ衣装で有名なマドンナは、デリケートゾーンをハイジニーナにしています。
50歳を過ぎた現在でも脱毛サロンを愛用しているらしく、常に美を追求していることがわかりますね。
2017年の1月12日、マドンナのTwitterにこんな投稿がされています!

シースリー,C3,札幌,口コミ,体験

ニューヨークで行われたトランプ大統領に対するデモのために、アンダーヘアを少し残してNIKEのロゴ型に整えたそうです。
かわいいいいぃぃいいいぃいぃぃいいいい〜!!
とってもお洒落ですよね(*´▽`*)
アンダーヘアで自分の意志を強く主張するという、マドンナの個性が強く出ていると思います。

 

エマ・ワトソン

ハリーポッターシリーズの登場人物「ハーマイオニー」役で一躍有名となったエマ・ワトソン。
彼女はフェミニズムを強く主張していて、アンダーヘアも残しています。
もちろん生えっぱなしというわけではなく、アンダーヘア専用の「ファーオイル (Fur Oil) 」でしっかり処理しているそうです。
美の秘訣は見えない所もしっかり気遣うということなのかもしれませんね!
「ファーオイル」には、毛を柔らかくしたり埋没毛を減らす効果があるそうです!

 

 

キャメロン・ディアス

キャメロン・ディアスも、アンダーヘアは残していると公言しています。
更に、彼女はアメリカのテレビ番組で、「ハイジニーナにする人はクレイジー」という発言もありました。
彼女いわく「陰毛は生えることに意味があって、それを脱毛したら永遠に失うことになる!」だそうです。
他の人とは違う意味でアンダーヘアに対する意識の高さが伺えます。

 

スカーレット・ヨハンソン

スカーレットヨハンソンは、10年ほど前からブラジリアンワックスでハイジニーナにしています。
ニューヨークのワックス専門サロンに通っているところをパパラッチに撮影されてしまったそうです。

 

ブリトニー・スピアーズ

歌手のブリトニースピアーズも、下着を履いていない姿を撮影されてハイジニーナにしていることがばれてしまった一人です。

 

ミランダ・カー

日本のテレビCMにも出演しているミランダ・カーは、アンダーヘアを生やしていると噂が流れています。
ビーチでの撮影でレースの下着を履いていた際、アンダーヘアが透けた状態で写真を撮られてしまったと一時期話題になってしまいました。

 

 

また、パリス・ヒルトンやビヨンセなどの超有名セレブでも、わき毛の処理が甘いことをパパラッチされたことがあります。
ジュリア・ロバーツでさえ、ムダ毛の残る脇を恥ずかしげもなくファンたちに披露しています。
日本であれば、「恥ずかしい」「見られたくない」なんて落ち込むところですが、彼女たちはさほど気にしていないようなのがお国柄。

 

日本での脱毛事情

海外の脱毛事情が日本とは結大変異なっていて驚いてしまいますよね。
ちなみにVIOの脱毛は海外の多くの国で一般的です。
デリケートゾーンを清潔に保てる上、パートナーへの気配りと言った面もあるそうです。
むしろケアがきちんとされていないとマナーがなっていないと思われてしまうのだとか。
日本人女性は、海外の方から日本女性の無処理のデリケートゾーンを見てどん引きしたなどと言われてしまっているようです。
しかし、このままいけば日本でも脱毛技術・脱毛文化も発展してきているので海外からVIOの脱毛がおろそかな残念な日本人女性なんていわれることもなくなるでしょう!
脱毛に対する価値観はそれぞれですが、ムダ毛のないツルツルの肌はやはりキレイだなと思いますよね。

 

 

 

 

 

 

シースリーでムダ毛の無いツルツルな肌に…

 

≫シースリーの無料カウンセリングはコチラから予約できますよ♪