シースリー 札幌

モテ度が急降下!ムダ毛に関する失敗談はありますか?

シースリー,C3,札幌,口コミ,体験

剃っても剃っても生えてくるムダ毛。
ついうっかりで、剃り残してしまったり、手を抜いたりして大失敗……なんてことも、よく起こりがちですよね。
男性の視線を気にする女性にとって、天敵とも言える存在がムダ毛なのではないでしょうか。
しかし、間違った処理をしてしまうと肌トラブルのもとになったり、彼に幻滅されてしまうこともあるようです。
そこで今回は、「ムダ毛処理に失敗して恥ずかしい思いをした経験」を集めてみました。

 

ムダ毛処理に失敗して恥ずかしい思いをしたことがありますか?

ある……30.0%
ない……70.0%

「ある」と答えた人は少ないものの、その失敗談は強力です(;´∀`)
失敗した経験を持つ方々と同じ過ちを犯さないためにも、どんな失敗だったのか詳しく見ていきましょう!

 



みんなの「ムダ毛」失敗談 大集合!!

毛抜きで抜いたらムダ毛が皮膚の中に埋没してしまった

  • 「ニキビみたいに赤く腫れて余計に汚くなってしまった」(20代女性)
  • 「自分で処理したら埋没毛になってしまい、肌触りも見た目も最悪な事に…。」(20代女性)
  • 「毛抜きでムダ毛の処理をしたら埋没毛になってしまい、黒ずんで目立つようになってしまった(10代女性)

毛が皮膚の中で伸びてしまったという経験がある女性もいるようです。
ムダ毛を処理したときに毛穴が傷ついて塞がってしまうことが原因なので、保湿クリームなどでケアすることを忘れないようにしたほうがいいかもしれません。

 

わき毛を処理したつもりが、何本か残っていた

  • 「脱毛テープでワキの毛を処理していたのですが、痛かったから適当にやってしまった…」(20代女性)
  • 「ワキ毛の剃り残しがあるままノースリーブを着てしまった」(20代女性)
  • 「急きょ彼とデートすることになり、ワキ毛の処理を怠っていて、数本長い毛が生え残っていたときは焦った」(30代女性)
  • 「一本だけ剃り残していて、電車のつり革につかまったときに自分で気づいた」(20代女性)
  • 「すごく揺れる電車内でつり革に掴まろうとしたけれど、わき毛の処理をしていなかったことに気付いて掴まれなかった」(20代女性)

ちゃんと処理したはずなのに、あとで数本だけそり残しを発見したときの、あの落胆といったらありません。
しかもほとんど剃り終わっているため、残った数本がやけに目立つ結果に。非常に残念です。

ワキの毛の他の失敗談でこんなのもあります。

  • 「初めてのデートの前日にわき毛の自己処理をしまくっていたら、当日首の筋を痛めてしまってデートどころじゃなかった……」(30代女性)

 

カミソリ負け&ケガ

  • 「カミソリ負けして肌がザラザラブツブツになってしまった」(30代女性)
  • 「出勤前に急いで足のムダ毛処理をしたら数か所から少し出血してしまい、職場の人達に『足ケガしてるけど大丈夫?』と心配されてしまったことです」(20代女性)
  • 「古い剃刀でムダ毛の処理をしたら、一緒に皮膚まで剃ってしまい、お風呂場が血だらけになってしまった」(20代女性)
  • 「『剃れればなんでもいいや』と思ってたのが大きな間違い」(20代女性)

肌が弱い女性に起こりがちなのがカミソリ負け。
キレイにしようと思ったのに、逆にザラザラブツブツになってしまうなんてショックですよね。
また、急いでいるときに処理をすると失敗して流血騒ぎになるのもありがちです。

 

処理が難しい場所

  • 「腕の裏側にひと筋、剃り残しがあったこと」(30代女性)
  • 「顔のうぶ毛をカミソリで剃っていて切れました」(30代女性)
  • 「乳輪まわりがうまく処理できなくて、エッチのときに恥ずかしかった。彼は気づいてなかったようですが」(20代女性)

カミソリの刃がうまくフィットせず、剃るのに悪戦苦闘しやすいのが、体のこんな場所。
腕の裏側も届きそうで、なかなか刃がきちんと届かない、もどかしい部分ですよね。
顔のうぶ毛も細かすぎて、刃の当て具合が難しいところです。
乳輪まわりなんて、言わずもがな……です。

 

“ココ”の処理は、要注意

  • 「アンダーヘアの長さを整えるつもりが、短く切りすぎてしまい、下着から出てしまった」(20代女性)
  • 「下の毛を切ってちくちく」(30代女性)
  • 「Vの処理をやりすぎてしまって明らかに変な形になった」(30代女性)
  • 「男女数人のグループで泳ぎにいったとき、Vラインから毛束が・・・!!」(30代女性)

やりすぎると後悔しやすいのが、こんな部分のムダ毛処理。
やり慣れないため悪戦苦闘する内に、取り返しがつかないことになりがちです。
ここの処理はプロにお任せするのが一番かも?

 

その他の失敗談

  • 「高価なレーザー脱毛器を買ったのにあまり効果がなかった…エステでも行ったほうがよかったです…」(30代女性)
  • 「私の肌には合わなかったみたいで脱毛クリームを使ったら肌がカサカサになってしまった」(10代女性)
  • 「ムダ毛を脱色したけど、光の加減によって剛毛なのがバレてしまった」(20代女性)
  • 「毎日、女性用電気シェーバーで処理していたら、だんだん肌荒れしてきてしまって、お肌がカサカサになった。これならムダ毛があるほうがマシだったかも…」(30代女性)
  • 「自分でワックス脱毛をしたら肌が真っ赤にただれてしまった。ただれた部分を隠すため、夏なのに長袖を着る羽目に…」(20代女性)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
一生懸命やったはずなのに、なぜか失敗しやすいムダ毛処理。
同じような失敗を、あなたがしないとは限りません!
そうなる前に徹底的な脱毛で、つるつるを手に入れちゃいましょう!
大惨事になる前に、プロの手をお借りして処理してしまうのが、一番安心かもしれません。
今年の夏こそ、つるつるスベスベの素肌で完璧ボディを目指しましょう!

 

 

 

 

ムダ毛の処理ならシースリー!!

 

>>シースリーの予約はこちらからできますよ♪