シースリー 札幌

脱毛の歴史

有史以前から鋭利な石器や動物の歯などを用いてこすり切られ、脱毛が行なわれていたと推測されていますが、ここでは紀元前4000年頃からの脱毛の歴史について紹介します。

紀元前4000年

紀元前3000年

紀元前3,000年から4,000年頃の地中海地方や古代オリエントにおいては、すでに脱毛剤が使用されていました。
これは宗教や歴史の文献に、体毛の除去についての習慣や法律が記されていたもので、古典的な脱毛剤である“Rhusma turcorum”は、硫黄、石灰及びでんぷんを含んでいて、水でペースト状にしてオリエントのハレムの女性達に広く用いられていたようです。また、地中海沿岸の国々では、ヒモが用いられていました。
指の間でヒモを操作して、ヒモに毛を挟み込んで抜くのです。
この方法は現在でもこの地方で用いられています。

紀元前1500年

紀元前1,500年頃の書物によると、エジプトでも脱毛剤が使われていた記述があります。
それによると当時の脱毛剤は「焼いたハスの葉を油と一緒に亀の甲羅の中に入れ、カバの脂肪を加えた」ものだったそうです。

紀元前30年

紀元前30年から40年頃、エジプトの女王クレオパトラも当時流行していた脱毛剤でムダ毛を除去していたことが報告されています。
古代エジプトの工芸品の中には、ブロンズのカミソリや近代の床屋さんが使っているような、長い刃のカミソリも発見されています。

平安時代

8世紀〜12世紀

日本では平安時代に貴族の女性達などが、額(ひたい)の形を整えるために、余分な毛を抜いて眉墨ならぬ”ひたい墨”で足りないところを書き足していたそうです。

 

平安中期「毛のよく抜くる銀(しろかね)の毛抜き」は「ありがたきもの」であるように、この頃から毛と美容、とくに脱毛には関心が高かったようです。

江戸時代

17世紀〜19世紀

江戸時代の遊女は、平たくて小さい軽石を二つ使い、陰毛を間に挟んでこすり切ったり、線香で焼いたりしていました。この方法だと切り口が滑らかで、チクチクしないのが、良かったようです。

 

手足の毛の処理には、日本でも脱毛剤が使われていたことが、書物に記されています。この脱毛剤は「木の実から取ったアブラと、軽石を砕いて粉にしたものを混ぜた」もので、これを手のひらで皮膚にすり込むことで、毛を摩耗させて切るという方法です。アフターケアは、うぐいすのフンをぬり、へちま水をつけるようにと、アドバイスされています。

 

江戸時代後期の女性が眉毛の下の方を剃っていたのは「眉毛と目の間を広く寛(ゆったり)と見する」ためでした。また、毛抜きで眉毛を整える様子も浮世絵などに描かれており、一般女性の間では頭髪や眉毛の脱毛が広く行われてたことがうかがわれます。

江戸時代

明治時代

19世紀

19世紀には、永久脱毛を目指して様々な脱毛法が行われていました。例えば、肌に直接硫酸などの薬品を塗ったり、毛を抜いた後でわざと汚れた針を毛穴に入れる、というものでした。毛穴に炎症を起こしてそれによって毛穴をふさごうとしたのです。もちろん永久脱毛の効果がないばかりか、肌を痛めて醜いあとを残すことになったようです。

 

1875年アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェル(Charles E・Michel M.D.1833-1913)医師により、直流電流を用いて逆さまつ毛を永久的に除去する方法が考案されました。これが電気分解脱毛法の始まりで、顔などのムダ毛の処理に応用することが試みられましたが、処理時間がかかり過ぎました。

20世紀

現在

1916年アメリカのポール N. クリー(Paul N. kree)氏が、6〜10本のプローブが使用できるマルチプルプローブ電気分解脱毛器を発売、併せて電気脱毛士のトレーニングや一般の人々に対する電気脱毛市場の拡大に貢献、その後、プローブが36本使用できる電気分解脱毛器も開発されました。この市場拡大につながる活動により電気脱毛は医師から一般の脱毛士へと広まりました。

 

1924年フランスの医師アンリ ボルディ(Dr. Henri Bordier)により高周波脱毛法が発表されました。1940年代半ば、高周波脱毛気に真空管が使用されるようになり、機器の確実性と安全性が増し、高周波法の使用が促進されました。現在では、オートマチック・タイマーの使用やコンピュータ化により操作も簡単に、結果も一定で信頼性の高いものになりました。

 

1945年、アメリカの電気脱毛技術者ヘンリー E. St. ピエール(Henri E. St. Pierre)とエンジニアのアーサー R. ヒンケル(Arthur R. Hinkel)の共同開発によりブレンド脱毛が開発されました。電気分解脱毛法と高周波脱毛法を組み合わせたブレンド脱毛法は、1948年に特許登録されました。

 

1960年代頃から日本では洋装ファッションの流行や女性の社会進出などに伴い、身だしなみの一部として、女性のワキの下の脱毛が流行し始めました。

 

1970年代日本にブレンド脱毛器が輸入され、エステティックにおいて電気脱毛技術者による施術が行われるようになりました。市場の広がりに伴い国内でも脱毛器の開発・製造され、日本人の肌質や毛質、用途に合わせてブレンド脱毛とフラッシュ脱毛(高周波脱毛)のテクニックの使い分けができる多機能型の脱毛器も市場に出ました。

 

1983年アメリカ ハーバード大学のロックス アンダーソン博士(Dr. Rox Anderson)が、選択的光熱融解理論を発表。これは、ある一定のレーザーの波長・照射時間を最適化することで、周りの組織には影響を及ばさずに特定の組織のみを選択的に反応させることができるものです。この理論に基づきレーザー治療への応用が進み、レーザー脱毛の研究も発展、1997年には日本にもレーザー脱毛器が輸入されました。

 

1999年頃から大手の参入もあり、日本でメンズエステ市場は急速に拡がりました。特に20〜30代の若い男性の美容意識の変化から、職業的な必要性、髭のカミソリ負けやムダ毛の解消を目的とした男性の脱毛美容が始まったようです。

 

2000年代に入り、日本のエステティック業界では、医療用レーザー脱毛とは違う出力の弱い、いわゆる美容ライト脱毛/光脱毛が開発され、脱毛市場が拡大しました。美容ライト脱毛/光脱毛は、可視光線から近赤外線領域の波長(400〜1200nm)をパルス化して照射するもので、皮膚組織の色素が特定の波長の光を吸収する性質を利用しています。

 

現在の美容脱毛は、美容電気脱毛と美容ライト脱毛/光脱毛などがあり、むだ毛の脱毛を希望する人のニーズに合わせて、より適した脱毛法が選択できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

ムダ毛処理ならシースリー!!

 

>>シースリーの予約はこちらからできますよ♪