シースリー 札幌

脱毛後のケア〜お酒(アルコール)〜

 

みなさんはお酒は飲まれますか?(*^^*)
毎日飲む方、たまに飲む方、まったく飲まない方…様々だと思います。
まったく飲まない方には安心な内容かもしれませんが、知っていて損はない!!!
脱毛後の飲酒は良くないって知っていました??

 

今回は、脱毛後の飲酒がどのような影響を与えるのか見ていきます♪

 

何故脱毛後にお酒を飲むのは良くないの??

脱毛をしたいと考えるようになり、脱毛に関して調べていると、よく目にするのが「脱毛後はお酒(アルコール)は控えましょう。」という内容。
脱毛サロンに行っても、カウンセリングシートの注意事項に記載されていることがほとんどです。

 

では、何故脱毛後にお酒を接取することが良くないのでしょうか?

 

お肌のトラブルを起こす可能性

脱毛後にお酒を摂取すると、お肌のトラブルを起こす可能性が高くなります
脱毛サロンや医療脱毛では光やレーザーをお肌に照射しますので、お肌に負担がかかります。
その状態でお酒が入ると痒みや赤みが出やすくなるのです。

 

脱毛の効果が落ちる

お酒を飲んで体温が上がっていると、お肌はいつも以上に乾燥してしまいます。
脱毛中の乾燥は、脱毛効果を低下させてしまうのです。

 

脱毛何時間後に、お酒を飲んでいいの?

脱毛後の飲酒は一概に「何時間後から飲み始めてOK!」とは言えません。
脱毛後の飲酒は、「脱毛時の諸症状が落ち着いてから」というのが正解です。

 

諸症状とは、赤みや火照りのこと。
これは、個人差が大きいために「何時間後」と言い切れないのです。

 

心配な方は、脱毛当日から1、2日禁酒すれば、脱毛の施術が飲酒の影響を受けることはありませんよ!^^

 

脱毛後にお酒を飲んでしまったら…

お酒を控えるに越したことはないのですが、普段お酒を飲む習慣がある方は禁酒がストレスになってしまうこともあります。
もし、脱毛後にお酒を飲んでしまい、赤みやかゆみが強く出てしまった場合は、火傷の手当のように氷で冷やしましょう。
また、通っている脱毛サロンに問い合わせてみてもいいかもしれません。
軟膏を塗るなど、おすすめの対処法を提案してくれるでしょう!

 

 

 

まとめ

脱毛中は、お酒を絶対飲んではダメ!というわけではなく、控えた方がいいということです!
ちなみに、脱毛前の飲酒も控えた方がいいみたいなので、併せてこちらの記事も読んでみてください^^

なぜお酒がダメなのか、お酒を飲んで脱毛をするとどんな影響があるのか…。
しっかり理解して、自分の身体を守るために脱毛中はお酒はなるべく控えましょう。

 

 

 

 

 

 

シースリーはこちらから予約できますよ^^♪